鋳物

鋳物は金属を溶かし、鋳型に注ぎ込む製造方法で作られた金属のことをいいます。鋳型を工夫することで複雑形状を簡単に量産することができます。

型の材質によって呼び方が異なり、砂で作られたものは砂型鋳造、金属でつくられたものは金型鋳造もしくはダイカスト、石膏やセラミックスで作られたものは、ロストワックスと呼ばれています。

鋳物の製造は難しく、巣と呼ばれる空孔、バリ、寸法不良、割れなどが発生します。回避するためには製造条件や品質管理をしっかり行うことが必要になります。

ロストワックス

ロストワックスは鋳造の一種でロウ(ワックス)を使用しています。

融点の低いロウで製品の形を作り、周りを鋳物砂やセッコクで覆います。その後、加熱することでロウを溶かして、周りを固めます。これで型が完成します。この型に金属を流し込むことで製品が完成します。

ロウは加工しやすく、表面をなめらかにできるため、精度の高い鋳物を作ることができます。

また、シリコンなどで型をとり、それにロウを流すことで、人の手の加工では再現できない形状にも対応できます。

鍛造

鍛造は塑性加工法の一種で、ハンマー等で叩いて成形する方法です。鋳物とは違い鋳巣ができにくいため、強度に優れた製品を作ることができます。

鍛造の種類は、熱間鍛造、冷間鍛造とがあり、熱間鍛造は再結晶温度以上の高温に加熱して成形します。これにより、素材を加工しやすくなる一方で、加熱設備が必要になります。冷間鍛造は常温での成形です。加熱する必要がない一方で、加工時間が長くなる傾向にあります。

材料調達も承ります

弊社は鋳造、ロストワックス、鍛造などを行っている協力企業ネットワークも持っています。

製品の形状やお客様のご要望に合わせて、材料の調達から二次加工、組立まで一貫して対応いたします。

安心できるサプライヤーをお探しでしたら渡邊製作所へ!

昭和53年の創業時より、渡邊製作所は「モノづくりはヒトづくりである」と考えてきました。
製品を加工するのは機械ですが、それを操作するのはヒトです。さらに、検査や検品、出荷に至ってはヒトの力が必ず必要になります。

弊社は製品をただ単に加工するのではなく、モノづくりに携わる技術者の育成にも力を入れています。

例えば、国家技能検定や品質管理検定などの資格取得の支援や社内での品質管理教育を行っています。
お陰様で大手企業を含めた多くの企業様と取引しています。

安心できるサプライヤーをお探しでしたら渡邊製作所にご相談ください。