ガンドリル加工とは

ガンドリル加工とは「ガンドリル」を使った加工のことをいいます。

ガンドリルは深穴加工を専門で行うためのドリルの名称で、通常のドリルとは異なります。

通常のドリルで深穴加工を行うと、切削屑が内部で詰まり製品を傷つけたり、食いついてしまい、最悪の場合ドリルと製品の破損を引き起こしてしまいます。

一方、ガンドリルはV型の形状をしており、先端から切削油を噴射することができます。切削油を噴射することで切屑が吹き飛ぶため、食いつきなどが起こらない仕様になっています。そのため、精度よく深穴をあけることが可能になります。

一般的には穴径に対して5倍以上の深さの加工を行うときにガンドリルを使います。

その他の加工

調達可能な材料はこちら

安心できるサプライヤーをお探しでしたら渡邊製作所へ!

昭和53年の創業時より、渡邊製作所は「モノづくりはヒトづくりである」と考えてきました。
製品を加工するのは機械ですが、それを操作するのはヒトです。さらに、検査や検品、出荷に至ってはヒトの力が必ず必要になります。

弊社は製品をただ単に加工するのではなく、モノづくりに携わる技術者の育成にも力を入れています。

例えば、国家技能検定や品質管理検定などの資格取得の支援や社内での品質管理教育を行っています。
お陰様で大手企業を含めた多くの企業様と取引しています。

安心できるサプライヤーをお探しでしたら渡邊製作所にご相談ください。